たった一人でも上達できるオススメ練習法

コートはあるけど、練習相手が見つからない・・・。
コートもなければ、練習相手もいない・・・。

そんなお悩みに向けてこの記事をお送りします。

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

テニスは一人でも上達できる

一人練習は自分と向き合えるチャンス

普段の練習では周りの人たちにも合わせた練習となりやすい。
例えばサーブの練習がみっちりしたくても、自分が打てる球数は限られてしまうなど。

これでは上達にも時間がかかります。

一人の時間こそ、自分のための練習ができる最大のチャンスです。

そこで今回は、コートがなくてもできる練習法を中心に紹介していきますね。

広告

一人で行うおすすめ練習法

それではストローク、ボレー、サーブの順で行きましょうか。

ストローク:壁や柱で打点探し

普段のストローク、自分が一番力が入る打点で打ててますか?

力が入りいやすい打点を壁などを使って探してみましょう。

目安はへそより30cm前、肘がほんのわずか曲がるくらい。

普段打っているよりも少し前だったり、遠めだったりするかもですよ。

テイクバックなしで打ってみる

今度はその打点の位置から打ってみましょう。
フェンスに向かってで良いので、しっかりボールを押し出してみてください。

テイクバックなしで打つことで、振りぬきが意識しやすくなります。
どう振りぬくかが分かれば、実際のラリーでもボールを強く押し出せるようになりますよ。

ボレー:無回転での球出し

無回転の球出しができると、ボールの当たり方や力の入りやすい打点が分かります。

ボレーに回転はあまり必要ありません。

ボールの当たり具合が調整できれば、深さのコントロールもしやすくなりますよ。

思いきり回転をかけるのもオススメ

これはドロップショットの練習にもなります。
ボールにしっかり逆回転をかけることで、弾ませないドロップショットに繋がるのです。

音がカシュッとなれば、回転がかけられている証拠ですよ!

サーブ:前後の打ち分け

サーブを極端に前後へ打つことってありますか?

真下に向かって打ってみたり、遠くへ飛ばすように打ってみるのも面白いですよ。
それぞれのメリットを解説しますね。

 
私はこの練習でサーブが安定しました!

真下に向かって打つ

コートで練習できる方はサービスラインからサービスボックスへ打ってみてください。

真下、なるだけ近くへ打ちおろすためには、ボールの上側を打つ必要がありますよね。
ボールの上側を打つ感覚こそ、高い打点で打つために大事なポイントです。

サービスボックスめがけて打ち上げるイメージで打っている方にもおすすめの練習法です。

遠くへ飛ばす

今度は逆に遠くへ打ち上げてみましょう。
より遠くへ、より力強く飛ばすためにはどうすればいいでしょうか?

それは下半身の力を活かすこと

しかし、ただ上にジャンプするのでは下半身の力を活かせませんよね。
そのため、前へジャンプしてスイングするのがおすすめです。

体全身を使って、遠くへ飛ばしてみましょう!

テニスは一人の練習でも上達できる

急に練習相手がいなくなったりすると、何をしていいかも困りますよね。
そんな時には自分のための練習をじっくりしてみましょう。

今まで気づけなかったポイントに気づけるかもしれませんよ。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために