【初心者必見】サーブを安定させるコツ【3つ紹介】

 
「テニス始めたばかりでサーブがどうしても安定しません・・・。
どう打てば安定して打てるの?」

今回はこんな声に答えます。

本記事の内容

  • 思いっきり打ってみよう
  • 回転をかけてみよう
  • コースを狙ってみよう

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

ラリーが続くようになったら、サーブからゲームを始めることも増えてきますよね。
しかしサーブが入らないと、せっかくのラリーが始まりません。

そこで今回はサーブが安定しづらいあなたへ向けて、簡単なコツをご紹介します。
できる範囲で試してみてください。

 
これで苦手意識ともおさらばです!

【サーブのコツ】まずは思いきり振りぬいてみよう

「あの小さなサービスボックスに入れないといけない」
そう思ってしまうと余計に体がちぢこまって、コントロールも難しくなります。

そこでまずは、思いっきりスイングすることから始めてみましょう。

力が入りやすい打ち方が分かる

振りぬけるスイングこそ楽なスイング。

そして楽なスイングこそ、力が入りやすいスイングです。

どう入れに行くかではなく、どうボールを打っていくかが分かればコントロールしやすくなりますよ。

広告

遠くに飛ばしてみたり、近くに叩きつけてみたり

ベースラインを超えたり、ネット前に叩きつけてみたり。
色々な打ち方をしてみると、振りぬけるスイングが探しやすくなります。

ウォーミングアップとしてもおすすめですよ。

トスはスイングに合わせて上げる

トスにスイングを合わせてしまうと、スイングがちぢこまりやすくなります。
スイングする場所に置くようにトスを上げてみましょう。

サーブのトスについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
よろしければご参考ください。

関連記事

  週一プレーヤー「サーブがなかなか安定しなくて伸び悩んでます・・・。おすすめの改善方法ってありますか?」 今回はこんな声にお答えします。 本記事の内容 トスの安定がサーブを安定させる お[…]

【初心者だからこそ】回転をかけてみよう

「回転かけるなんて難しそう・・・」
こう思ったあなたこそ、回転をかけてみて欲しいです。

レベルが上がってくると回転をかける人が増えてきます。
しかし、回転をかけるのは上級者の特権ではありません。

振りぬけるからボールが安定する

回転をかけるのは相手をまどわすだけではありません。

ある程度振りぬいて回転をかけることで、スイングが安定します。

いつも同じ力加減でスイングできる方が、実は安定するのです。

ボールの横をこすってみよう

横をこするように打つと横回転がかかります。
右利きなら左側に曲がるサーブですね。

パンッではなく、カシュッとした音が鳴るように振りぬいてみましょう。

コンチネンタルグリップで握ってみよう

サーブの基本となる部分ですが、いわゆる包丁握り。
このコンチネンタルグリップで打てると肩を支点にスイングできるので、回転もかけやすくなります。

違和感もあると思いますが、少しずつ慣れていきましょう。

【サーブのコツ】コースを狙ってみよう

「とりあえず入ればいいんだけど・・・」
もちろん入れば、どこに入ってもOKです。

しかし、コースが狙えると良いことづくめですよ。

スイングのイメージがつかみやすい

打つコースがはっきりするとスイングのイメージがつかみやすくなります。

どこに打つかというイメージが、安定したスイングを作るのです

サーブ練習から打つコースを決めて打ってみましょう。

まずは相手の正面でOK

端っこに打つサーブが強いと思われがちですが、真正面に打たれるのって意外と打ちづらくないですか?

コースを打ち分けるのはその後でも十分です。
まずは相手の正面めがけて打ってみましょう。

軌道までイメージできるともっと良い

どういう軌道のボールを打つかまでをイメージする。
ここまでイメージできると、よりコントロールがしやすくなります。

コースを打ち分ける時にも大事かもしれませんね。

終わりに

サーブは誰しもが一度は苦手意識を持つスイングです。
時にはコーチや上級生など、上手い人のサーブを真似てみるのもいいかも。

あなたにとってのベストなサーブを追及してみてください。

本記事はここまでです。

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために