両手バックハンドが劇的に安定するコツ3選

 
週一プレーヤー
「両手バックの苦手意識がなかなか取れません。
どうすれば安定して打てるようになるの?」

今回はこんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • バックハンドの動きはシンプル
  • おすすめ練習法

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

フォアハンドと比べて苦手意識が持たれやすいバックハンド。

しかしバックハンドが安定して打てると、プレー全体を安定させることができます。
確実にレベルアップできるようになるのです。

それではバックハンドを安定させるコツについて一緒に考えていきましょう。

 
説明は右利きの場合で進めていきます!

バックハンドの動きはシンプル

まずバックハンドに定評があるジョコビッチ選手と錦織選手を見比べてみましょう。

フォアハンドと比べるとバックハンドはシンプルな動き。
そのため、ある要点さえ押さえておけばOKです。

胸のひねり戻しで打つ

バックハンドはこの動きがメイン。
胸がしっかりひねられることで、ボールに体全体の力が伝わりやすくなります。

逆に言えば胸がひねられていないと、腕に頼った安定感のないスイングとなってしまいます。

広告

腕はあまり引かなくてOK

両手ではリーチが短い分、腕はあまり引かなくてもラケットは十分安定します。
上の二人を見ても、腕は胸よりも後ろにひねっているようには見えません。

肘も曲げるか伸ばすかは自由。
ゆったりと力まずにテイクバックできればOKです。

両腕でラケットをしっかり支える

ボールを打つ瞬間で大事なのは、両方の腕でラケットを支えること。
片手打ちと比べてリーチがないので、しっかりラケットを安定させる必要があるのです。

左腕も含めて支えられると、体幹のひねり戻しを余すことなくラケットへ伝えられるようになります。

どちらの腕をより意識すべきか

よく両手バックは「逆手のフォアハンド」と言われるくらい、左腕も大事。
しかし右腕を意識した方が安定する人もいます。

どちらの腕をより意識した方が打ちやすいかは、実際に試して頂くがオススメです。

 
ちなみに私は左腕に力が入りやすかったので、左3、右7の意識で打ってます!

フォロースルーは大きく

「バックハンドが浅くなりやすいんです・・・」
こんな場合はフォロースルーが小さいのかも。

上の二人フォロースルーを見ると、左腕が伸びるほど大きいですね。

ボールを深く打つためには、両腕でしっかり押し出せることが大事。
伸びと威力があるボールを手に入れましょう。

面が返ってしまう場合は

打った直後に面が返ったり、体が横に流れてしまう場合は打点が前すぎるかも。

壁などを押し比べてみて、両腕の力が入りやすい打点を探してみてください。
その打点で打てれば、ボールをしっかり押し出せると思います。

以上が両手バックハンドのポイント3つです。

ジョコビッチ選手は別の記事でもまとめていますので、良ければご参考ください。

関連記事

  週一プレーヤー「バックのストロークがなかなか安定しません・・・。誰か参考になりやすい選手っていますか?」 今回はこんな声にお答えします。 本記事の内容 シンプルなテイクバック インパクト後の押し出し 左足を届か[…]

【両手バックハンド】おすすめ練習法

おすすめ練習法を3つご紹介します。

  • 歩きながら素振り
  • 左腕だけで打ってみる
  • テイクバックなしで打ってみる

このあたり。
簡単にご紹介します。

歩きながら素振り

歩きながらスイングすると、足の踏んばりや胸のひねりなども意識しやすいです。
脱力しつつも、「体のどこに力を入れるとより鋭くなるか」を探しながら試していくとあなたの個性もつかみやすいはず。

ウォーミングアップとしてもオススメですよ。

左腕だけでスイング

左腕だけでもスイングできると、打点やボールの振りぬき方が分かります。
手出しや壁打ちなどで十分なので、お試しあれです。

この時も腕の力で飛ばすのではなく、どうスイングすれば飛ばしやすいのか探しながらできるとより良いですね。

テイクバックなしでスイング

テイクバックなしスイングすると、フォロースルーが意識しやすくなります。
深いボールが苦手という場合もオススメ。

これでボールが飛ばせれば、スイングも安定してるはずですよ!

終わりに

両手バックハンドはどうしても苦手意識が出やすい。
普段のラリーなどでもバックハンドを打つ回数を増やしてみるのもオススメ。

気付いたころにはバックハンドの方が得意になっているかも?

この記事が少しでもお役に立てれば光栄です。
本記事は以上です。

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために