フォームを改良したい時に意識すべきポイント【3選】

NO IMAGE

 
フォームを変えた方が良いって言われたけど、どう変えればいいか分かりません。
どんなことを意識すればいいの?

今回はこんなお悩みに答えます。

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

フォームを変えるにあたって

ボールの質が変わる

まず、フォームが変わることで何が変わってくるでしょう?
そう、体の使い方が変わります。

下半身の踏んばりが活かせたフォームになれば、ボールの質は良くなるはず。

フォームが変われば、ボールの質を変えることができるのです。

広告

安定しなくなることも

例えば、「テイクバックを大きくする」などした場合。
振り遅れてボールのコントロールが落ちることもあります。

フォームを変えたからと言ってボールの質が良くなるとは限りません。

今回はそうならないために、フォームを変える上で大事なポイントを3つにまとめました。

フォームを変えるためのポイント

それではフォームを変える時に意識したいポイントを3つに分けて説明します。

1つずつ試していって、自分に合うスイングを見つけていきましょう!

1、フォームをまねてみる

トッププロでも、身近な上手い人でも構いません。

フォームの良いイメージができると、運動に関わる脳の一部が活性化されます。
そうすると体の使い方が変わり、スイングも変わりやすくなるのです。

例えばチチパス選手のフォアハンド

チチパス選手のフォアハンドは胸の前でラケットを立てた、コンパクトなテイクバックです。
「テイクバックはラケットを立てて」と言われた場合、こんなイメージで打つのもありですね。

色々なスイングをまねてみて、あなたの理想に近いスイングを見つけてみましょう!

2,素振り、それから球出し

フォームを変える時はなるだけフォームに意識を置くべき。
鏡を見ての素振りであったり、あまり動かずに打つ球出しからがベスト。

素振りとボールを打つ実際のスイングとのギャップが埋まれば、フォームの定着もあと一歩です。

3,フォロースルーも意識してみよう

最後のポイントは、フォロースルーです。
ボールをしっかりと押し込めることで、質が高いボールが打てます。

テイクバックだけでは変わりづらい場合は、フォロースルーも意識していきましょう。

かすれ当たりとなる人は

かすれ当たりとなる人はフォロースルーが横に逃げていることが多いです。
いわゆるアウトサイドインのスイング。

下から上、後ろから前へのインサイドアウトのスイングができれば、ボールを押しつぶしやすくなるはず。

インサイドアウトについてはこちらの記事で解説しているので、ご参考ください。

関連記事

  週一プレーヤー「一生懸命スイングしてたらインサイドアウトで打ってみなさいって言われました。理屈だけでは分からないので詳しく教えて欲しいです」 今回はこんな声に答えます。 本記事の内容 […]

あなたに合ったフォームを見つけよう!

フォームを変えるのは時間と労力がいりますが、あなたの力になってくれるはず。

あなたに合った理想のフォームを探していきましょう!

本記事は以上です!

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために