【ストローク】理想のスイングはインサイドアウトにあり【練習法も紹介】

 
週一プレーヤー
「一生懸命スイングしてたらインサイドアウトで打ってみなさいって言われました。
理屈だけでは分からないので詳しく教えて欲しいです

今回はこんな声に答えます。

本記事の内容

  • インサイドアウトとは
  • おすすめ練習法3選

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

インサイドアウトはプロが当然のように打っているスイング。
しかしイメージだけではなかなか難しいですよね。

この記事を読めばあなたも理想のスイングが手に入れられるかも?
参考にしてもらえると幸いです。

インサイドアウトとは

インサイドアウトのスイング

インサイドアウトとは「内から外へ」流れるスイング。
アウトサイドインは「外から内へ」流れるスイング。

言葉の通りですね。
スイングの違いを見ていきましょう。

インサイドアウトとアウトサイドイン

インパクトを比較してみます。
左はひじが曲がり、右はひじが伸びていますね。

インサイドアウトとアウトサイドインのスイング

次にフォロースルー。

インサイドアウトとアウトサイドインのスイング

スイングの違いはフォロースルーに大きく出ます。
左と比べて右はひじが曲がってますね。

インパクト直後のフォロースルーで前へスイングできるとインサイドアウト。
ひじが曲がり横にスイングされるのがアウトサイドインとなります。

広告

アウトサイドインのデメリット

アウトサイドインのデメリットは体が早く開きやすい点です。

体が開くとは胸が前を向ききってから、腕が遅れて出てくるということ。
体の開きが早すぎると色々なデメリットに繋がります。

クロスが打ちづらい

体の開きが早すぎると腕が遅れるため打点は後ろに。
打点が後ろとなればボールの外側をこするようにしてクロスへ打つようになります。

アウトサイドインのスイングではクロスが弱々しくなります。

コントロールがしづらい

体の開きが早いと、腕の力でスイングしやすくなります。
腕の力に頼るため、スピードなども出しづらいです。

振れば振るほど腕に力が入るため、コントロールも難しくなっていきます。

ひじの負担が増える

先ほどのフォロースルーですね。
体の開きが早いと、インパクト後にひじが曲がりやすくなります。

ひじを曲げる力でもスイングしやすくなるため、ひじを痛めるリスクに繋がります。

以上がアウトサイドインデメリットです。

アウトサイドインのメリット

アウトサイドインにも一応メリットはあるのでご紹介しておきますね。

横回転がかかりやすい

横方向のスイングのため、横回転(スイング方向と逆)はかけやすくなります。
逆クロス方向へ相手を追い出したいときには有効かもですね。

ストレートや逆クロスは打ちやすい

体が開きやすいため打点は後ろめに。
そのためストレートや逆クロスは打ちやすくなります。

クロスへ打つ時はボールの外側をこすりやすくなるので、クロスが弱くなりやすいです。

インサイドアウトの特徴

インサイドアウトのスイング

厚い当たりで打てる

厚い当たりと薄い当たり

厚い当たりとはボールのひと押しがある当たり。
薄い当たりはボールを弾き飛ばす当たり。

このひと押しがボールにパワーが足され、力強いボールが打てます。

この厚い当たりはインサイドアウトでこそ可能なのです。

クロスへも打ち切れる

体の開きが抑えられると力が入りやすい打点でボールの真後ろから打ちやすくなります。
しっかり振りぬいてもクロスへ打つことができます。

相手の利き手が逆であればバック側へ打ちやすいですね。

手首やひじの負担が少ない

腕の力に頼りすぎない分、ケガのリスクも抑えられます。
サポーターに頼りがちな方にもオススメのスイングです。

あなたはどちらのスイングでしたか?
アウトサイドインにもメリットはありますが、フォアハンドにお悩みの方はインサイドアウトを試してみるのも一つです。

【インサイドアウト】練習法3つ

わきにボールをはさんでスイング

インサイドアウトのスイング

わきにボールをはさむことで、アウトサイドインを防ぎます。
スイング後はボールが落ちてOK(むしろ落としましょう)。

テイクバックせずにスイング

力が入りやすい打点を探して、そこから球出し。
どう振りぬけばボールを飛ばせるかが分かりやすくなりますよ。

この時もボールをわきに挟んで打ってみても良いかもですね。

早いボールをスイング(リターン練習)

先ほどの応用です。
サーブなど速いボールを打ってもらって、テイクバックせずにスイング。

ここでボールをコントロールできればインサイドアウトも手に入れ始めてるかも?

西岡良仁選手のスイング

西岡良仁選手のフォアハンド

西岡選手はテイクバックでひじが伸びますが、インパクトではひじが曲がります。
強烈な回転をかけるためにもインサイドアウトは理にかなっていると言えます。

西岡選手のフォアハンドはこちらの記事でまとめていますので、よろしければご参考ください。

関連記事

  週一プレーヤー「西岡選手のフォアハンドってトップスピンが強烈だよね。どう参考にすれば真似できるのかな?」   今回はこんなお悩みに答えます。 本記事の内容 テイクバックは[…]

インサイドアウトを身に付けよう!

スイングに正解も不正解もありません。
しかし少しでも効率がいいスイングを考えるとインサイドアウトに結び付きました。

頑張って振らなくてもボールが飛ぶスイングを身に付けましょう!

本記事は以上です!

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために