【分析】大坂なおみのフォアハンドを理学療法士が分析してみた

大坂なおみ選手のフォアハンド

 
週一プレーヤー
「大坂なおみ選手のフォアハンドってコンパクトだけど威力抜群だよね。
どう打ってるのかしら?」

今回はこんな声にお答えします。

本記事の内容

  • コンパクトなスイング
  • フォロースルーが力強い
本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

大坂なおみ選手の持ち味は威力抜群のサーブとフォアハンド。
威力だけでなく安定したフォアハンドが大坂なおみ選手のプレーを支えています。

そんな魅力あふれるフォアハンドを分析していきます。

 
見習いコーチ修造
少しでも参考になれば幸いです!

【大坂なおみ選手のフォアハンド】コンパクトなスイング

大坂なおみのフォアハンド

まずは大坂なおみ選手のフォアハンドウィナー集から見てみましょうか。
見ていて爽快しますよ。

コンパクトなスイングですがボールは強烈。
ショートクロスにも鋭く打っていますね。

大坂なおみ選手の後ろからのフォアハンド

大坂なおみ選手のスイングは全体的に肘があまり伸びません。
肘が伸びない分コンパクトなスイングに見えるのです。

コンパクトなテイクバック

テイクバックがコンパクトとなるメリットは3つ。

  • 同じ打点で打ちやすい
  • 速いボールにも対応しやすい
  • リラックスできる

広告

同じ打点で打ちやすい

テイクバックがコンパクトだと打点のぶれが少なくなります。
同じ打点で打てることで安定したショットに繋がります。

錦織選手もコンパクトなテイクバックですね。

打点のぶれが減ると打つ直前でコースを変えることもしやすい。
錦織選手がクロス、ストレートどちらへ打つか分かりますか?

答えはクロス。
打点からどう振りぬいていくかで直前のコース変更が可能となります。

テイクバックがコンパクトとなることで相手からコースを隠すことが出来るのです。

速いボールにも対応しやすい

テイクバックが

シャラポワ選手のドライブボレーに対してエースを取っていますね。

テイクバックがコンパクトであれば、鋭いボールでも打ち切れます。

リターンにも応用可能ですよ。

リラックスできる

テイクバックが大きいと遠心力が増えてしまい、腕に力も入りやすい。
テイクバックがコンパクトであれば、リラックスしてスイングすることができます。

もう一度錦織選手を見てみます。

右手の手元に注目。
テイクバックした時に指が開きリラックスする瞬間があります。

錦織選手のクセかもしれませんが、この時にボールや相手に集中してコースを考えているのかもしれません。

リラックスしてテイクバックできることで、ボールや相手により集中できますね。

コンパクトなスイングのデメリット

コンパクトなスイングも当然デメリットがあります。
それはボールにスピードが出しづらいこと。

スイングがコンパクトな分、遠心力も弱くなります。

シャラポワ選手のスイング

シャラポワ選手のスイング

シャラポワ選手を見るとテイクバックは高く、よりダイナミックなスイングに見えます。

遠心力が大きい分、ボールにスピードが出しやすくなります。

大坂なおみ選手とシャラポワ選手の比較

2人を比べると、大坂なおみ選手の方が肘が曲がっていますね。
なぜ大坂なおみ選手はコンパクトなスイングでも強烈なボールが打てているのでしょうか。

その秘訣がフォロースルーに隠されています。

【大坂なおみ選手のフォアハンド】フォロースルーが力強い

大坂なおみ選手のフォアハンド

コンパクトなスイングでも力強いボールが打てている秘訣はフォロースルーにあります。
詳しく見ていきましょう。

肩を支点にしたフォロースルー

結論から言うと、大坂なおみ選手のフォロースルーは肩を支点に押し出せているのです。
シャラポワ選手と比べてみます。

アウトサイド・インのフォロースルー

アウトサイド・インとはフォロースルーで肘が曲ってしまうスイングのこと。
シャラポワ選手のフォアハンドを見てみましょう。

シャラポワ選手がアウトサイド・インというわけではありません。
しかしテイクバックが大きくなるとフォロースルーで肘が曲がりやすいのです。

肘が曲がりながらフォロースルーをするとスイングは横へ逃げてしまいます。

大坂なおみ選手のフォロースルー

大坂なおみ選手のフォロースルーは肘の押し出しがとても強いです。

肘の押し出しが強いことでパワーロスせず、より前へスイングできます。

この打点からの押し出しが力強いショットを作っているのです。

フォロースルーを意識するメリット

大坂なおみ選手がフォロースルーを意識しているかは分かりません。
しかしより強いボールを打ちたい場合はフォロースルーを意識してみるのも一つです。

フォロースルーを意識するメリットは、

  • 打点が意識しやすい
  • 直前でもコースが変えやすい
  • テイクバックがリラックスしやすい

この3つが挙げられます。
さきほどのメリットと重なる部分もありますね。

簡単にふれておきましょう。

打点が意識しやすい

フォロースルーを意識すると打点からどう振りぬくかも考えやすい。

力が入りやすい打点で打てればショットも安定しやすいですね。

直前でもコースが変えやすい

先ほどと似ていますがフォロースルーが意識出来れば、直前でのコース変更もしやすい。
これもどう打点から振りぬくかを考えられるから。

直前でもコースが変更できれば、

  • 相手の動きに合わせてコースが選べる
  • イレギュラーにも対応がしやすい

こんなメリットに繋がります。
ダブルスやクレーコートの試合でも重宝するかも?

テイクバックがリラックスしやすい

テイクバックの意識が薄れるためリラックスもしやすい。
錦織選手ではないですが、テイクバックでリラックスできればボールや相手にも集中しやすいですね。

フォロースルーはこちらの記事でもまとめています。
よろしければご参考ください。

関連記事

  週一プレーヤー「西岡選手のフォアハンドってトップスピンが強烈だよね。どう参考にすれば真似できるのかな?」   今回はこんなお悩みに答えます。 本記事の内容 テイクバックは[…]

最後に

大坂なおみ選手のフォアハンドについて分析してみました。

今回の記事をまとめると、

『コンパクトなスイングでも力強いボールは打てる』

です。

この記事が少しでもあなたの力になれれば幸いです。

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために