【目指せ上級者】オープンスタンスの魅力を徹底解剖

こんにちは!

オープンスタンスはテニスのレベルを上げるために欠かせないスタンス。
今回はそんなオープンスタンスについて解説していきます。

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。
 
難しく考えすぎないのがポイントです!

オープンスタンスの魅力

準備がすぐできる

オープンスタンスの魅力はなんと言っても準備の早さ。
速いボールで追い込まれても、しっかり打ち切ることができます。

オープンスタンスは守備に回った時にとても有効なのです。

広告

コースが変えやすい

直前でコースが変えやすいのもオープンスタンスの魅力。

テイクバックで体をしっかりひねることで、相手からもコースを隠して打てますね!

ライジングが打ちやすい

個人的にはここが一番のポイント。

ライジングショットはタイミング重視のショット。
オープンスタンスで軸足がセットできれば、あとはタイミングを合わせるだけ。

準備する時間があまりない時こそ、オープンスタンスの出番なのです。

オープンスタンスのコツ

軸足はボールの後ろへ

軸足のセットこそ、オープンスタンスで一番大事なポイントです。

軸足をボールの後ろにセットできればオープンスタンスの準備が完了。
あとは振りぬくだけです。

時間がない時でも、この軸足のセットだけは意識していきましょう。

胸はしっかりひねる

オープンスタンスでは足自体が開くため、上半身が開きやすくなります。
体が開いてしまうとかすれ当たりにもなやすいのです。

テイクバックでは胸をしっかりとひねりましょう!

軸足は伸びあがりすぎない

オープンスタンスので打つと、軸足が伸びあがることはありませんか?

打つ直前で軸足が伸び合ってしまうと威力は半減してしまいます。

軸足はしっかり踏んばったまま、前へスイング。
前へスイングできれば、力強く打ちやすくなりますよ!

トッププロのオープンスタンス

では最後にオープンスタンスで打っている場面を見てみましょう。

チチパス選手のフォアはセミオープンスタンスが多め。
オープンスタンスでも胸はしっかりひねれていますね。

ちなみに打ったあとに右足(軸足)が前に出るのはしっかり踏んばっているため。
踏んばりが効くことで力強いスイングにでき、自然と右足が前に出ているのです。

オープンスタンスを身に付けよう!

オープンスタンスはラリーのスピードが上がってくると必要不可欠なスタンスです。
少しコツがいるかと思いますが、ぜひ習得してみてください。

あなたのテニスのレベルアップに繋がるよう応援しています!

本記事は以上です。

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために