ショットの質は素振りで変えられます【練習法も伝授】

 
家でもできる練習といえば素振りだけど、どんな風に素振りをすればいいの?

今回はこんなお悩みに答えます。

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

素振りがおすすめなワケ

楽なスイングが分かる

素振りはボールを使いません。
ボールに合わせたぎこちないスイングとなると、手打ちとなりやすいです。

素振りで気持ちよく振りぬけた、楽なスイングが分かるはずです。

広告

コートがなくても練習できる

手軽にできるが素振りの最大のメリット。
公園や家で思いっきりスイングすればストレスの解消にもなりそうですね。

良いイメージが持てる

プロ選手のスイングを真似てみるのも、スイングが変わるきっかけに。
色々な選手を真似てみて、自分に合ったスイングを見つけてみましょう。

【素振り】おすすめ練習法3つ

歩きながらの素振り

歩きながら行うと軸足のふんばりが意識しやすくなります。

手打ちに悩む方は軸足の力がスイングに活かせてないないことが多いです。
歩きながら、上半身はリラックスして振りぬいていきましょう。

サーブでもおすすめ

フェデラー選手はサーブを前へ踏み込みながら打つこともあります。
後ろ足の蹴りだしがスイングを加速させ、楽に振りぬけるスイングに繋がります。

実際のサーブでも後ろ足の蹴りだしが活かせれば、力強いサーブが打てますよ!

高い打点で振りぬく

「高い打点だと力が入りづらい」
そんな方はスイングのイメージができていないのかも。

おすすめは横でなく縦方向へ振りぬく素振り。

気持ちよく振りぬける打点やスイングがイメージできれば実際のボールも変わりますよ。

軸足で蹴りだした素振り

最後は少しダイナミックな素振りです。

動画のルブレフ選手のように、軸足(右足)の蹴りだしが強いと力強いスイングに繋がります。

このスイングが極められれば、ジャンプしながら打つジャックナイフも打てるようになりますよ!

自分の姿が見れると分かりやすい

自分のイメージと実際の素振りが違うことは珍しくありません。
自分の姿を見ながら行えればイメージとのギャップを埋めやすくなります。

動画であったり、鏡を見ながら行うのも時には良いですよ。

素振りを楽しもう

素振りは初心者までが行う、地味な練習のイメージかもしれません。
しかしコート以外でも練習する努力が、あなたのテニスを変えるきっかけにもなり得ます。

ぜひ、素振りを極めて力強いスイングを手に入れてみてください。

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために