【サーブ】トスが変わればサーブが変わる【脱中級に向けて】

 
週一プレーヤー
「サーブがなかなか安定しなくて伸び悩んでます・・・。
おすすめの改善方法ってありますか?」

今回はこんな声にお答えします。

本記事の内容
  • トスの安定がサーブを安定させる
  • おすすめの持ち方
  • トスの上げ方【改善法3つ】

本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

トスについて考えたことはありますか?
じつはトスの上げ方一つでサーブの体の使い方が変わります。

トスアップとサーブの関係、詳しく見ていきましょう。

 
説明は右利きの場合で行います!

トスがサーブを安定させる

理由は3つ。

  • スイングが安定する
  • トロフィーポーズが安定する
  • 利き手がリラックスできる

一つずつ見ていきましょう。

スイングが安定する

サーブの主役はスイングです。
しかしトスのボールに合わせてスイングする人がとても多い。

トスが同じところへ上げられることで、スイング安定します。

スイングが安定するからサーブが安定するのです。

広告

トロフィーポーズが安定する

左腕はトスを上げて終わりではありません。
トロフィーポーズで体の開きを抑えるのも大事な役割。

左腕はスイングぎりぎりまで上げておくのがオススメです。

右腕がリラックスできる

左腕を意識することでラケットを持つ右腕がリラックスしやすくなります。
スイングが安定しない時は、トスを上げる左腕を意識してみるのもオススメです。

おすすめのトスの持ち方

ボールの持ち方によってもトスの上げやすさは変わります。
手首や肘に頼らないトスが理想的です。

フェデラー選手のサーブ

フェデラー選手のサーブは動きが止まらずなめらかです。

打点に向けてボールを置きに行くような丁寧なトスアップです。

トスの持ち方

フェデラー選手は薬指を中心にボールをもっていますね。
指にも力が入りすぎない握り方です。

上げ始めは薬指を下にボール支えます。
腕を上げる時も手のひらはあまり上を向かず、薬指と小指を下にボールを支えています。

強く握らず、腕を支点に上げられると安定しやすいですよ。

 
特に決まったルールはありません。
色々試してみてください!

トスのコツ【3つ】

トッププロのサーブを見てみます。

ティエム選手のサーブ

ダイナミックなサーブですね。
トスにも大事なポイントが詰まっています。

腕全体でトスアップ

肩を支点に上げることで安定したトスアップに繋がります。

左腕は力が入っていい

緊張した試合でもトスが安定できるように、ある程度は力が入っていいです。
ティエム選手のトスも力が入っているように見えます。

練習から左腕はある程度力を入れて上げてみましょう。

ひざは曲げながらトスアップ

ひざを伸ばしてトスを上げると、トロフィーポーズでもう一度ひざを曲げることに。
ひざの上下動が増えるとひざの負担も増えてしまいます。

トスと同時にひざを曲げるトスの上げ方が、安定したトロフィーポーズに繋がります。

トスは上げた後も左腕はしっかり伸ばす

左腕をしっかり伸ばすことで、

  • 体の開きが防げる
  • 右腕がリラックスできる
  • 両足の支えが安定する

こんなメリットに繋がります。
トスの上げ方でトロフィーポーズが変わり、スイングが変わるのです。

体は横を向いてトスアップ

前を向いたままだと肩を支点にトスが上げづらい。
トスを上げる前から横を向くことで、トロフィーポーズでしっかり体をひねることが出来ます。

左腕を後ろに流す

トスを上げた後の左腕は後ろに流せるとより強く体をひねることができます。
ティエム選手もフェデラー選手もトスを上げた後の左腕は後ろに流れています。

トスは前を見ながら上げており、左腕は体の前を通って上げていますね。
トスが上がると左腕は後ろへ流れて、左腕より前でボールを見ています。

左腕を後ろへ流すことで体をより強くひねることができ、スイングをより力強くできます。

最後に

サーブに悩むと、スイングに目が行きがち。
しかしトスの上げ方でもスイングを変えることができます。

肩を支点に、ひざは曲げながら、横を向いてのトス。
あなたのサーブの力になれば幸いです。

本記事はここまでです。
ありがとうございました。

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために