スマッシュを制す者が試合を制す【目指せ上級レベル】

 
 
週一プレーヤー
「せっかくネットに出てもロブが上がったらスマッシュが弱気になっちゃいます。
スマッシュの苦手意識を克服したいけど、どうればいいの・・・?」

今回はこんな声にお答えします。

本記事の内容

  • スマッシュが重要なワケ
  • スマッシュで意識すべきポイント
  • おすすめ練習法
本記事の信頼性
理学療法士として6年間、都内のリハビリテーション病院にて脳卒中や整形外科のリハビリを担当してきました。
現在はテニスコーチとしても活動中。
得意分野は動作分析、皆様のお役に立てるようテニスと体の関係を探究していきます。

スマッシュは特にダブルスでとても重要。
スマッシュが打ちきれなければ、並行陣を作れても厳しいです。

逆を言えば、スマッシュさえ打ち切れれば並行陣も強くなります。

スマッシュについて徹底的に考えていきましょう。

テニスではスマッシュこそ重要

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tennis-2557074_1280-1024x682.jpg

テニスコートは縦に長い

普段の立ち位置だとテニスコートは横に長く感じますよね。
じつはテニスコートは横と比べて縦の方が幅広いのです。

  • 前に詰めてより広い角度で打ち分ける
  • 前後にも相手を揺さぶる

テニスコートより広く、立体的に考えられると面白いですよ。

広告

プレーが組み立てやすい

「ストロークからアプローチ、ボレーまで繋げてスマッシュで決めきる」

ここまで考えて組み立てられるとショットの目的も持ちやすい。
自然とミスも減るかもしれないですね。

アプローチは下記の記事で解説しています。
よろしければご参考ください。

関連記事

  週一プレーヤー「いざネットに出ても抜かれるから前に出るのが怖い・・・抜かれないためにはどうしたらいいの?」 今回はこんな声にお答えします。 本記事の内容 相手を分析する アプローチを[…]

スマッシュは打てて当たり前?

せっかくネットまで詰めてもスマッシュでミス。
これほど悲しくなることはありません。

スマッシュを打ち切れてこそのネットプレーです。

自信を持つために

スマッシュの練習ってどくれくらいしてますか?

苦手意識が強い人はそもそも練習が足りてないことも。
苦手だからこそ練習量でカバーしていきましょう。

スマッシュで意識すべきポイント

スマッシュのポイントは、

  • まず構える
  • スイングはコンパクトでOK
  • コントロール重視

です。

一つずつ見ていきましょう。

まず構える

ロブが上がったらまず構える。
一度ボールを落とすべきかはその後に考えましょう。

構えは早い方がボールがどこに落ちるか、どこで打つべきかなども考えやすいですよ。

すぐに軸足を決める

右利きなら右足ですね。
ゆったり移動していては間に合わなくなります。

「構える、打点を見極める、軸足を決める」

この3つの早さがスマッシュの準備を整えますよ。

スイングはコンパクトでOK

スマッシュは大振りしがち。
ですが軸足が決まればスイングはコンパクトでも威力は十分出せます。

余裕をもってスイングしていきましょう。

ロブが深ければ返すだけでOK

軸足が決まっていなければ返すだけでもいいんです。
冷静に、次のショットでまたスマッシュまで繋げていきましょう。

焦らず、確実に打つのが安定したネットプレーに繋がります。

コントロール重視【威力は二の次】

スマッシュで大事なのは威力ではありません。
決めきるために必要なのは、相手の予測を外すこと。

苦しい場面でも打ち分けられるスマッシュこそ上級レベルには大事なのです。

深さはサービスラインくらい

角度を付けるためにも深さはサービスラインくらいがおすすめ。
深いとアウトもしやすいので、あくまでコース重視で打っていきましょう。

おすすめ練習法

以前は私もスマッシュが苦手でした。
ネットへ詰めてもロブが上がるとミスしないようと弱気に。

そんな苦手意識を克服できたのは、練習の質と量を変えたから。
実戦的な練習を3つご紹介していきますね。

【壁打ち】ワンバウンドでスマッシュラリー

壁の手前にバウンドさせてスマッシュを打ち続けます。
壁打ちでは定番かもしれませんね。

シンプルな練習ですが、

  • 軸足が決めやすい
  • 打点が確認しやすい

しっかりとメリットがあります。

まずは10球続ける。
10球安定してできたらボールを前後左右に打ち分けるのも効果的ですよ。

【半面】ロブ対スマッシュのラリー

これも定番かもしれませんね。

球出しと違って打ちやすい所ばかりにボールが来るとは限りません。
足を動かしながら相手が打ちやすい所へ打てるかが鍵です。

【全面】ロブ対スマッシュのポイント形式

最後はポイント形式。
4人いれば全面で角度を付けたスマッシュも打てます。

「苦しくてもボールを落とさずスマッシュでしのげられるか」

なかなか大変ですが並行陣を使う人には必須のスキルかもです。

最後に

スマッシュの苦手克服にはまず練習量から。
スマッシュに自信がつけば、ネットプレーの幅もグッと広がりますよ。

「ロブを上げさせればもう終わり」
それくらいの心意気でスマッシュを打ち抜いていきましょう。

本記事はここまでです。

広告
>障害予防と技術向上を両立

障害予防と技術向上を両立

いつまでも大好きなテニスを楽しむために